HOME > アレルギー検査 > アレルギー強度検査

アレルギー強度検査

検査概要

アトピー性皮膚炎の病態に関わるTリンパ球サブタイプを検出します。アトピー性皮膚炎の病変部では、皮膚で発現するケモカイン(Thymusandactivation-regulatedchemokine:TARC)とリンパ球表面に発現するケモカイン受容体(CCR4)の相互作用によって、Tリンパ球が皮膚に集まって炎症を起こすことが判っています。本検査では、血中に出現したCCR4陽性Tリンパ球をフローサイトメトリーで検出することによって、皮膚炎を起こし易いかどうかを判定します。

アレルギー強度検査でわかること

血中に皮膚炎を起こすTリンパ球が多いことが判れば、治療で副賢皮質ステロイドホルモン剤を投与した方が良い事になります。

アレルギー強度検査を診療に反映

異常値の場合:免疫抑制剤(例、副腎皮質ステロイドホルモン剤など)による治療を行った方が炎症をコントロールできます。


参考基準値の場合:免疫抑制剤(例、副賢皮質ステロイドホルモン剤など)の投与を中止した方が良いことになります。