HOME > アレルギー検査 > リンパ球反応検査

リンパ球反応検査

検査概要

食物に対するリンパ球の反応を検出します。IgE検査ではわからないリンパ球(ヘルパーT細胞)を介したアレルギー反応の有無を調べます。血液から分離したリンパ球と各種アレルゲンを混ぜて培養し、活性化リンパ球の数をフローサイトメトリーによって測定します。

IgE検査ではわからないアレルゲンを検出する検査

本検査はリンパ球を介したアレルギー反応を捉えます。IgEによるアレルギーとリンパ球によるアレルギーは、全く別々のアレルギー反応です。アレルギーを疑う症例において、IgE検査で陰性の場合でもリンパ球によるアレルギー反応でアレルギーを発症することがあり、そのような症例で有用な検査です。

犬の食物アレルギーの診断治療補助に有効

犬の食物アレルギー症例においては、IgEよりもリンパ球によるアレルギー反応が関わっている場合が多いと言われています。本検査によって、リンパ球が反応する食物を検出することができ、それらを避けた除去食療法を安心して実施できます。